高沢内科

内科,循環器科

〒440-0076 愛知県豊橋市大橋通2丁目104-1
TEL 0532-53-1788
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
トップページ»  お知らせ

お知らせ

 
  散歩は生活習慣病を改善してくれる第一歩です。しかし、急に長い時間を歩くと膝や腰に負担がかかりすぎる事もありますので徐々に慣らしていきましょう。短時間でもとにかく始める事です。 
 散歩をする時間のない方は家の中でこまめに身体を動かして下さい。それも出来ない方はやむを得ません。テレビを見るときに立って見ましょう。ゴロリと寝ながら見るよりも幾分かカロリーを消費します。
 
 散歩をしている時に足が痛くなって休憩する事はありませんか?しばらくたつとまた歩けるのでまあいいかで済ませてないでしょうか?もしかしたら足の動脈硬化が進んで症状が出ているのかもしれません。年だからしょうがないと考えずに御相談下さい。当院ではフォルムという検査器械を用いて動脈硬化の程度を測定しています。手足の血圧を同時に測定するのみですので痛みも無く、簡単に短時間で済みます。動脈硬化の気になる方、生活習慣病で治療中の方は症状がなくても一度測定する事をお勧めします。
 
 内山真一郎先生(長嶋茂雄さんの主治医)の「脳卒中の予防と治療」の講演ないようを詳しく『知っていて欲しい脳卒中の治療と予防』ページに書いてあります。何はともあれ生活習慣が大事であることを再認識しました。まずは自分の血圧を把握しましょう。それには自宅での血圧測定が大事です。測定時刻は起床後1時間以内、排尿後、朝食前、内服前、2~3分安静にして座って測ります。それと就寝前(入浴してしばらくたってから)に測定します。いつ測っても135/85mmHg未満でないといけません。寝たきりの原因の約28%が脳卒中です。その予防には血圧を低く保つ事が大事です。
 ところで牛乳が尿酸を下げることをご存知ですか?是非試してください。また、豆乳を牛乳の代わりにカルシウム補給のために飲んでいる方はいませんか?残念ながら豆乳には十分なカルシウムが入っていません。牛乳または低脂肪、低カロリーのヨーグルトを摂取してください。
 
 痛風発作が起こってしまった場合、とにかく冷やして安静にして下さい。